創業した理由

あるお客様

それは、以前に勤めていた不動産仲介会社で出会ったあるお客様がきっかけでした。

その都内在住の高校教員のお客様は、投資用ローンを組み新築ワンルームマンション2件と中古マンション2件をお持ちでした。購入後から数年間は家賃保証契約ということもあり、空室の心配も無く安定した運用が出来ていました。しかしある時、それまで家賃保証契約をしていた管理会社が突然の倒産。

当然、家賃保証は解約。そこで初めて分かったことは、持っていたマンションは実際の入居賃料よりも高く設定された保障家賃の上での運用であり、管理費や修繕積立金、固定資産税、確定申告後の税金還付などを含めても、本当は大幅な赤字での運用であったという事でした。

そして、それまでの収益は当然見込めないばかりか、ローン支払いに対して毎月約12万円以上の持ち出し金を負担する事になり、ご子息様の学費やご自宅ローン返済などの生活資金にまで支障が出始めてしまいました。

そのタイミングでたまたま売却のご提案をさせていただいたことがご縁でご相談を受けました。

ご提案

当時本当にお困りだったこのお客様ですが、
・退職時にはもともと売却するつもりであった
・月々の負担を出来る限り少なくしたい
これらのご希望を踏まえ、全額返済するだけの現金の捻出が難しいなか、本当にベストな提案は何かと考えた結果、一部の物件売却と新たな物件購入、それに伴うローン借り換えによる支払額の低減という資産組み換えの提案でした。

お客様はリスクも踏まえご検討のうえこの提案を受けてくださった結果、月々の持ち出し金は当初の約12万円から約2万円まで軽減することができました。

仕事への動機

そして、全ての契約や引き渡しが終わり、あらためてお客様に言われた言葉は
『本当に助かった。気持ちが楽になって良かったよ。どうもありがとう。』

それから約6年たったいまも順調に運用と売却は進み、数年先の退職時には無理なく残りの物件を売却、もしくは継続して運用をする予定でおられます。

創業した理由

それからもずっと、あの時のお客様との出会いと頂いた言葉が忘れられずにおりました。将来の安心を得るために投資用マンションを手に入れたお客様が、様々な状況変化や取得物件の失敗によりあきらめてしまったり、損失を大きくしていき取り返しがつかなくなってしまう。もしそのようなお客様がいらっしゃれば、1人でも多くの方のお役に立ちたい、お手伝いをしたいという気持ち。それが私のこの仕事への原点であり、一念発起して創業をする大きな理由となりました。

代表取締役 松本満