【NEW】プレールドゥーク蔵前『結婚を期に投資用マンションを売却』 東京都墨田区 2016年新築購入

プレールドゥーク蔵前
T.S 様
担当 松本

 T.S 様は独身時代に3件の新築投資用1Rを購入して、将来のためご自身のために良かれと思い特にご不安もなく所有しておりました。そんなT.S 様に転機が訪れたのは将来を約束した方が出来、いざ結婚となってからでした。
 
 お相手の方へ投資用マンションを所有していることを伝えると、その反応は所有に大反対でした。お相手は勿論、そのご両親も同様でした。
 新築投資用マンションの説明とその目的を伝えたのですが、3件でローン総額が6,000万円あり、将来の自宅購入時のローン審査の障害になる可能性もあり、どうしてもご理解を得られず売却することになりました。T.S 様自身も不安はなかったものの正直あまりメリットは感じられないところや、持ち続けるメリットとリスクを比較し、やはりまずは1件を手放されることとなりました。

 投資用マンションを購入する年齢層も以前は30代後半~40代以降が多かったですが、近年は20代中盤~30代前半が主流となり、購入後の結婚や出産などのライフスタイルの変化により、将来のためにと購入したマンションが不必要になるケースも多く見らます。
 
 弊社はそのような時にこそ、適切なご提案やアドバイスによりマンション所有者の方へのご安心やご満足のお手伝いができるようにしたいと考えております。T.S 様この度のお取引は誠に有難うございました。引き続き宜しくお願い申し上げます。