【ヴェルト武蔵小杉イースト、プレールアイディ大森2】川崎市中原区 2005年築 新築購入 ローン残有

ヴェルト武蔵小杉イースト、プレールアイディ大森2
H.K 様                  担当:松本

 H.K様とはかれこれ6年以上のお付き合いで、このご縁が会社を始める決意をした大きな理由のひとつでした。
 今回ご売却された武蔵小杉の物件は、当時に収支改善のためローン借り換えと併せて購入いただいた築10年のマンション。その後6年間順調に収益を上げローン残金も減り、最終的にローン残金以上で売却することが出来ました。続いて大森の物件は築17年、賃料も低く、条件や価格交渉に苦戦しましたが何とか自己損金を出すことなく売却。
 まだ残り1件ご所有ですが収支はプラマイゼロ。弊社で賃貸管理をしながら今後の方針をじっくりとご検討中です。
 そんなH.K様も購入当初は節税や将来の年金の足しになればと複数購入を進め、当時最大4件まで所有されていました。
 しかし、持ち続ける中で管理会社の倒産、空室による月持ち出し等の想定外の状況にご苦労されリスクを感じ、早期売却し処分する方針に切り替えました。
もちろん手に入れたマンションを手放せばそこから収益はゼロ。それまでの時間や使った資金が無駄になります。
 しかしそれを投資の損切りとして考えていただき、処分すると決めたからにはそこからできるだけ自己資金を使わず、損金を最小限に抑える戦略的な運用を提案してまいりました。
 その結果、来年以降に入る予定の退職金はまるまるお手元に残ります。もし当時に売却は考えず持ち続けたとしたら?
 私がH.K様とのお付き合いで学んだのは将来の為にご判断して手に入れた投資用マンションが将来の為にならない場合、いろいろな方法がありますが一番リスクが高いのは何もしないでの現状維持という事でした。
 そして最善なことは何かと頑張らせて頂けたことに対して、安心感があるとのお言葉やご信頼を頂戴いたしましたが、私のほうこそ本当にありがとうございました。大変感謝しております。これからも引き続きよろしくお願いいたします。