【新型コロナ禍】23区シングル向けマンション賃料4ヶ月連続下落!空室が止まらない!

2021/02/28





アットホーム(株)は2月22日、同社の不動産情報ネットワークにおける「全国主要都市の『賃貸マンション・アパート』募集家賃動向」(2021年1月)を発表しました。
 
入居者が1ヵ月に支払う「賃料+管理費・共益費等」を「家賃」と定義して調査しており、対象は首都圏(東京23区、都下、神奈川県、埼玉県、千葉県)、仙台市、名古屋市、大阪市、福岡市の9エリアです。
 
 

□東京23区□
 
東京23区の2021年1月のマンション面積帯別平均家賃は、シングル向きが4ヶ月連続で前年同月割れとなり、新型コロナの影響が色濃く出ています。
 
テレワークや大学・専門学校などのオンライン授業が進み、都心にマンションを借りる人が減少しているためです。
 


※アットホームHP参照

逆にファミリー向きは3ヶ月連続で上昇しています。


□今後の予測□

日本でも今月から新型コロナ向けのワクチンが摂取され始めましたが、まだ一般の人々には行き渡っていません。

河野ワクチン担当相は、6月頃高齢者に摂取できるかもしれないと談話を発表しています。

感染者が順調に減ったとしてもワクチンが行き届かなければ、この状況は変わりづらいと推測できます。

そして人々が安心して都内に戻ってこれる状況になったとしても、全ての企業がテレワークを解除するとは考えられません。

これから半年くらいは、都内のシングル向けの賃料相場は厳しい状況が続くと思われます。



□最後に□

賃料が1,000円下がれば、売買金額が30万円下がると言われているのが投資用マンションです。

賃料相場が今より下がる前に売却したほうが高く売れるのは間違いありません。

近い将来売却を考えている方は、この機に考えてみてはいかがでしょうか。




                                                              



リムズエージェントは、投資用マンション専門の不動産会社です!

高額売却、サブリース解除、管理委託料0円の賃貸管理など、投資用マンションのことならなんでもご相談可能です。

いつでもご連絡お待ちしております!

リムズエージェントの評判・お客様の声はこちらへ
リムズエージェントのスタッフはこちらへ 

 

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせもお待ちしております!

フリーダイヤル 0800-800-5205

AM10:00~PM21:00 水曜定休

FAXでのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせは24時間受け

03-5812-4439

メールでのお問い合わせ

お問い合わせをメールで24時間受け付けています。下記の入力フォーム画面よりお問い合わせください。

名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
FAX番号
所有マンション
お問い合わせの内容
送信する