首都圏分譲マンションの賃料が過去最高値を更新!!

2019/08/18




(株)東京カンテイは15日、2019年7月の三大都市圏分譲マンション賃料月別推移を発表しました。
 
分譲マンションが賃貸された場合の募集賃料を、1平方メートル当たりに換算して算出しています。

首都圏の平均賃料は2,933円(前月比0.6%上昇)と反転し、過去最高値を更新しました。
 
都県別では、東京都が3,510円(同0.7%上昇)と引き続き上昇。
 
神奈川県は2,156円(同0.8%下落)となりましたが、埼玉県は1,676円(同0.7%上昇)と4ヵ月連続の上昇。
 
千葉県は平均築年数が上がり1,614円(同0.5%下落)となっています。

近畿圏は1,905円(同1.1%上昇)と、2ヵ月連続の上昇。
 
大阪府は2,157円(同1.4%上昇)と3ヵ月ぶりの上昇で、過去最高値を更新しました。
 
兵庫県も1,675円(同1.0%上昇)と2ヵ月連続で上昇し、中部圏は1,756円(同1.2%下落)。
 
愛知県も1,802円(同1.3%下落)となり、今春を境に頭打ちから弱含みのトレンドになりました。
 
このニュースから分かるのは東京と大阪の賃料は過去最高の水準にまで上昇しており、それ以外の地方は下落トレンドになっているということです。
 
東京、大阪の二極集中は日本全体の人口が減っていく中でこれからさらに進んでいくでしょう。
 
不動産業界の現場に身を置くものとして、最近の賃料の値上がりは顕著に感じます。
 
同じマンションでも賃料が1,000円違うだけで売買価格は30万円前後変わってきますので、ご売却をお考えの方は所有マンションの賃貸更新の時期が来たら入居者に賃料値上げの打診をすることをおすすめします。
 

                                 


リムズエージェントでは、賃貸管理業の経験から更新時期での入居者への賃料値上げの交渉を多数成功させています!

賃料が1,000円でも上がればお手元に数十万円多く残るかもしれません。

少しでもご興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい!

リムズエージェントの評判・お客様の声はこちらへ
リムズエージェントのスタッフはこちらへ
 

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせもお待ちしております!

フリーダイヤル 0800-800-5205

AM10:00~PM21:00 水曜定休

FAXでのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせは24時間受け

03-5812-4439

メールでのお問い合わせ

お問い合わせをメールで24時間受け付けています。下記の入力フォーム画面よりお問い合わせください。

名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
FAX番号
所有マンション
お問い合わせの内容
送信する